膝の捻挫と診断。様子を見ましょうと言われたが…辛い。




膝の捻挫でこんな悩みを抱えていませんか?

膝の捻挫は、膝の関節周囲の靭帯がひねられたり引っ張られたりして傷つく怪我です。靭帯は膝の安定性を保つ組織であり、捻挫によって靭帯が伸びたり断裂したりします。

痛み
膝の捻挫では、膝周辺の靭帯が傷つくため、強い痛みが生じる。痛みは歩行や動作時に特に感じやすく、日常生活やスポーツ活動に制約が起こっている。

腫れ
捻挫によって膝周辺の組織に炎症が生じ、腫れが現れる。腫れは膝の可動域を制限し、歩行や運動時の不快感を引き起こしている。

不安定感
捻挫によって膝の靭帯が傷つくと、膝の安定性が低下し、膝に不安定感を感じる。これにより、歩行時や動作時に膝がぐらついたり、支えにくかったりしている。

炎症や痺れ
捻挫によって膝周辺の組織に炎症が生じ、痺れやしびれを感じる。炎症による圧迫や神経の刺激が原因で起こり、膝や足の感覚が鈍くなっている。




膝の捻挫のよくある原因


スポーツのケガ
スポーツ活動中に膝に急な負荷がかかることが原因となることがあります。例えば、サッカーやバスケットボール、スキーなど、膝を多く使うスポーツでの着地時のねじれや急な方向転換などが捻挫を引き起こすことがあります。
転倒や衝撃
転倒した際や交通事故、日常生活での不慮の衝突などによって、膝に強いねじれやひねり、衝撃が加わることが捻挫の原因となります。

不適切な着地
ジャンプや跳び箱などの動作で、着地時に膝が内側や外側にねじれたり、過度な負荷がかかったりすることで捻挫が発生することがあります。

突然の方向変更
急な方向変更や急な加速、減速など、膝への負荷が急激に変化する動作が捻挫の原因となることがあります。例えば、テニスやバドミントンなどのスポーツでの素早い動きが捻挫を引き起こすことがあります。

膝の不安定性
過去に膝の怪我や手術を経験したり、膝関節の弱さや不安定性がある場合、膝の靭帯や筋肉のサポートが不十分で、捻挫のリスクが高まることがあります。




膝の捻挫の意外な原因


日常生活の動作
膝の捻挫は、日常生活の中での普通の動作や活動からも引き起こされることがあります。例えば、踏み外したり、段差や階段でつまずいたり、歩行中に地面の凹凸に足が引っかかったりすることで、膝がねじれて捻挫が起こることがあります。

足首の捻挫
足首の捻挫が膝にも影響を与えることがあります。足首の捻挫によって足が安定せず、膝への負担が増えることで、膝の捻挫が発生することがあります。

足の着地の乱れ
走る際やジャンプする際に、足の着地が不安定であったり、適切なフォームが保たれていない場合、膝に余分な負荷がかかり、捻挫が起こることがあります。

足の装具や靴の選択
足の装具や靴の選択によっても膝の捻挫のリスクが変わることがあります。適切な靴や足首をサポートする装具を使用しない場合、膝への負担が増加し、捻挫が起こる可能性があります。

筋力の不均衡
膝周辺の筋力のバランスが乱れている場合、特定の筋肉が弱かったり柔軟性が低かったりすると、膝への負担が増え、捻挫のリスクが高まることがあります。筋力トレーニングやストレッチングを通じて筋肉のバランスを整えることが重要です。




あなたの症状は改善されたでしょうか?

診断されていらっしゃるということは、病院などで治療をお受けになられていると思います。

ただ、こちらのページをご覧になっているということは、思うような結果が出ていないのかも知れません。

病院・マッサージで改善しなかった膝の捻挫

当院は、体をひとつの建物としてとらえ、この構造の歪みを整え、根本的な改善を目指していきます。患部はもちろんですが、体全体をしっかりと調整します。

体の構造(解剖学)を正確に理解・把握し、緻密な調整を行うからこそ、このようなお声をいただくことができます。




お客様の喜びの声







ご予約はこちら

初めてのお客様は〈 よやく順番待ち 〉をお申し込み頂いております。お待ち頂く期間※は、既存のお客様の来院状況次第となります。あくまで過去実績となりますが、


※お待ち頂く期間(過去10年の実績より)
10~15名:6ヶ月~1年程度
16~20名:1年~1年6ヶ月程度


継続来院されるお客様をしっかりとフォローさせていただきたいため、2014年からこのような運営となっております。ご了承くださいませ。


〈 よやく順番待ち 〉お申込み状況

 

現在、よやく順番待ちは【 34 】名です(2024年6月21日更新)


  • STEP
    LINEから〈 よやく順番待ち 〉を申し込む
  • STEP
    お受けできる状態になったら、あなたのLINEへご連絡
  • STEP
    予約日時の調整










井上 佳代さん(仮名)小諸市・52歳・金融業

 

まずホームページを見ていただいて、佐藤先生の熱心さが伝わると思います。予約しても長時間待つと思いますが、それだけの価値あります(^^)




料金・メニュー

はじめてのお客様

コース 時間 料金
初回メニュー 120分 15,909円(税込み 17,500円)
内容
  • 初回カウンセリング:症状・経過の確認+全身のチェック
  • 手技療法:全身の整体[多層・膜リリース法]+[関節・Nポジション法]

 

手技療法は、一律のルーティーンではありません。効率よく最短で結果がでるよう、あなたのお身体の状態を見極めながら行うオーダーメイドの施術です。

2回目以降のコース

コース 時間 料金
プラチナ 120分 15,000円(税込み 16,500円)
ゴールド 90分 11,300円(税込み 12,430円)
内容
  • 継続カウンセリング:症状・経過の確認
  • 手技療法:全身の整体[多層・膜リリース法]+[関節・Nポジション法]

 

手技療法は、一律のルーティーンではありません。効率よく最短で結果がでるよう、あなたのお身体の状態を見極めながら行うオーダーメイドの施術です。



お客様よりメッセージ

宮本和也さん(仮名)千曲市・37歳・会社員

 

私が、とうみ自然総合療術院で施術を受けることを決めたのは、妻の影響です。施術を受ける前の私は、整体というものを正しく認識していませんでした。

 

なんとなくリラクゼーション的な感じのものだと決めつけ、自分には必要ないと考えていました。

 

しかし、2年ほど前から通っている妻から聞く施術の感想や、以前より背筋がすっと伸びた立ち姿を見て、施術を受けることに決めました。

 

施術を受けて、最初に気づいた変化は、鎖骨の変化でした。私は考え事をする際に首の下の鎖骨を触る癖があり、施術を受け始めてその位置が前に出てきたことに気づきました。

 

その後、徐々に背中のこりや頭痛の改善、足首や股関節の可動域の拡大などの変化を実感しました。

 

とうみ自然総合療術院での施術は私にとっては安くはない金額です。始めの一回の施術で悩みが解決するようなものではなく、徐々に良くなっていくものだと感じています。

 

時間とお金がかかります。しかし、辛かった肩こりや頭痛がなくなり私は施術を受けて良かったと考えています。

 

そして過去の自分が、整体というものをしっかり理解していたらと後悔しています。

 

私の感想が、とうみ自然総合療術院を知るきっかけになり、体の不調を抱えている方の選択肢を広げることに役立てば幸いです。

三原 佳奈さん(仮名)千曲市・36歳・会社員

 

時間もお金もかかるが、かけるだけの価値がある。私自身が初めての整体で何もかもが不安だったが、勇気を出して連絡して良かった。

 

他を受けたことがないのでわからないが、ここを選んで良かったと思う。自分が思っていた以上に、そして思ってもないほど状態が悪かったので、びっくりするほど全身状態が変わる。もはや楽しくなるほどに。

 

(鳩胸、肩幅がっしり、腰張り、関節が太いなどは昔から密かにコンプレックスだったが、それも骨格ではなく体の状態が悪くなっていたせいだともしり、改善もされていくので)

 

ずっと不調を抱えてだましだまし生活するより、時間もお金もかかるが(2回目)迷っているなら予約をオススメしたい。




よくある質問

新規は〈 よやく順番待ち 〉ということですが、すぐは予約できないということですか?

はい。申し訳ございません(汗)10年前から〈 よやく順番待ち 〉としてお申し込み頂いております。当院でお受けできる状況になりましたら、私のほうから再度ご連絡差し上げております。そこではじめて予約日の調整となります。

 

お待ち頂く期間※は、既存のお客様の来院状況次第となります。あくまで過去実績となりますが、

 

※お待ち頂く期間(過去10年の実績より)

10~15名:6ヶ月~1年程度

16~20名:1年~1年6ヶ月程度

 

順番待ちをされて、再度ご連絡を差し上げたときに来院の必要がなくなった場合でもキャンセル料金などは一切かかりませんのでご安心ください。

 

当院は1人整体院のため、順番待ちのお申し込みをしていただかない限り、ご予約を承っておりません。

 

既存の継続来院されるお客様をしっかりサポート・フォローしたいと考えているためです。ご理解くださいますようお願い致します。

 

順番待ちをご希望の方は、【 LINE 】からお申し付けくださいませ。

どのような症状をみていただけますか?

基本的に全身の身体の歪みの問題に対応しております。部位は限定されません。以下の内容に当てはまるものがございましたら、当院でお手伝いできることがあると思います。

 

下記の部位に【 痛み・ハリ・シビレ・むくみ・冷え 】がありますか?

 

  • 首・肩・背中・腰
  • 股関節(足のつけね)・太もも・膝・スネ・足(かかと含む)
  • 腕・肘・手

 

このようなことはありますか?

 

  • 骨盤の歪み・体に歪みを感じている(自覚がある)
  • 姿勢が悪い(自覚がある。人に言われる)
  • 座っているとき、足を組まずにはいられない(同じ姿勢でジッとしてられない)
  • 頭痛(とくに慢性的で原因不明のものや、吐き気・めまい・耳鳴りなどをともなう)
  • スマホ首
  • 寝違え(いつも決まった側によく起こる)
  • 肩こり(慢性的。ガチガチですねと言われる)
  • 腰痛(寝起きはとてもツラい。動き出すと少しずつ楽になる)
  • ぎっくり腰(繰り返す)
  • あお向けで寝ることができない(いつも決まった側の横向き・うつ伏せ)
  • 尿もれ(骨盤の歪みの可能性もあります)
  • O脚
  • 冷え(特に氷水に突っ込んだような冷え性)
  • 握力が異常に弱い(ペットボトルが開けられない)
  • 過去にケガ・事故・ムチウチ・骨折をされてから、完治もしくは異常なしと言われたが、その後から原因不明の不具合・不調がでるようになっている
  • 産後の不調-腰の痛み・股関節(足のつけね)の痛み・骨盤の歪み・膝の痛みなど
  • 幼い頃から周りのみんなより運動ができない
  • 小学生の頃から肩こりや腰痛があった

 

とくに病院の検査などで【 異常がない 】と言われている症状の場合は、当院の施術がお役に立てることがあると思いますのでご相談ください。

 

整形外科で下記の診断名がつく方

 

医師より強く手術を勧められている方【 以外 】でしたらご相談ください。実際に当院でご相談があったものを挙げておりますので、ご参考になさってください。

 

 

▼ 首

 

ストレートネック

 

首下がり症候群

 

頚椎椎間板ヘルニア

 

頚椎症(または頚椎症性神経根症)

 

 

 

▼ 肩

 

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

 

石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)

 

胸郭出口症候群

 

インピンジメント症候群

 

 

 

▼ 肘

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

 

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

 

野球肘

 

肘部管症候群

 

 

 

▼ 手

 

手根管症候群

 

腱鞘炎

 

ばね指(弾発指)

 

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

 

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

 

キーボードフィンガー

 

手首の捻挫

 

 

 

▼ 背中

 

側弯症

 

椎間板ヘルニア

 

 

 

▼ 腰

 

坐骨神経痛

 

仙腸関節炎

 

梨状筋症候群

 

筋・筋膜性腰痛

 

脊柱管狭窄症

 

腰椎椎間板ヘルニア

 

腰椎すべり症(腰椎変性すべり症)

 

腰椎分離症・分離すべり症

 

 

 

▼ 股関節

 

股関節炎

 

先天性股関節脱臼

 

臼蓋形成不全

 

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

 

 

 

▼ 膝

 

変形性膝関節症

 

鵞足炎(がそくえん)

 

膝の捻挫

 

 

 

▼ 足

 

外反母趾

 

モートン病

 

足底筋膜炎

 

足首の捻挫

 

 

 

▼ 自律神経

 

自律神経失調症

 

起立性調節障害

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

医師より「これ以上ひどくなったら手術ですね」と言われているなら、ひとりで悩まず【 LINE 】にてご連絡ください。

通わないといけないんでしょうか?

難しいご質問ですね。当院の基本的な考えとして、お客様にはいっさい強制はしておりません。

 

あなたの症状の改善にお手伝いできるということであれば、プロとして来院ペースやコースをご提案いたします。ただ、ご確認していただきたいのですが、

 

あなたがもし当院に来院されるお客様と同じようなお悩みを抱えていらっしゃるとして、そのうえで、通って頂く意思が全くなかったとします。そうしますと、きっと、ご来院いただくことそのものがムダな時間とお金になってしまう可能性が高いと思います。

 

当院は今まで医療機関で治療をお受けになられていた方や、長く痛みを抱えていらっしゃる方ばかりです。そのような症状の方を1・2回でなんの問題もなく改善に導けるような魔法が使えるわけではございません。

 

お力になれず大変申し訳ありませんが、「 通わないといけないんでしょうか? 」というご質問が一番最初に浮かぶ方は、もしかすると他の治療院にご相談いただいたほうが良いかもしれません。



追伸

あなたが幸せだと思う瞬間はどんな時でしょう?

 

その瞬間を手に入れるために、あなたの健康のお手伝いができれば嬉しいです。

 

私はうつ病になって2年ちかく廃人のように過ごしました。自律神経の乱れ、不定愁訴、ギックリ腰も5回と、心身の不調で悩み続けました。とても迷惑をかけました。

 

このお仕事ができる、今この瞬間が、どれほど幸せでありがたいことか、健康であることがどれほど尊く、替えのきかないものであったか。

 

だからこそ、中途半端な気持ちでこの仕事はしておりません。

 

あなたが踏みだした、その勇気に全力でお応え致します。

 

とうみ自然総合療術院 佐藤 潤